マンション

トーシンパートナーズでこの先も安泰|便利なノウハウ

ニーズに合わせた投資

住宅

長期的な展望が必要です

収益物件とは家賃収益を目的としてマンションなどの不動産を購入する事を言います。大阪で不動産を購入する場合は高額であるために、不動産会社や不動産鑑定士など専門家の意見を参考にすることを推奨します。大阪では収益物件を検討している人のために、不動産会社が勉強会を主催している所もあります。また大阪は日本の中でも人口が集中している都市のために、収益物件を購入して不動産経営が軌道に乗れば、長期的に安定した家賃収益が期待できます。そのため失敗しない不動産投資が重要となります。また、収益物件を購入する場合に重要なことは、当該不動産の立地条件だけではなく不動産購入後のメンテナンスを毎年丁寧に行うなどの姿勢です。メンテナンスを丁寧に行うことによって、入居者が集まるからです。

安定した収益のために

収益物件を購入しても、そのまま放置していては入居者は集まりません。そのため空き室を埋めるための工夫が重要となります。例えば大阪市内の不動産会社を利用して、購入したマンションの宣伝を依頼する方法があります。この場合、入居者を不特定多数の人達にするよりも、例えば学生や高齢者や単身赴任者など、目的とする入居者を絞った方が入居希望者が集まる傾向があります。その理由は、入居希望者は部屋を借りる際に自分のニーズに合致した賃貸不動産を選ぶことが多いからです。特に学生の場合は初めての一人暮らしの人が多いために、同じマンション内に学生が多いと安心します。また単身赴任者は日中は仕事で忙しいために、夜の帰宅後に静かな環境を目指す傾向があります。そのため入居者のニーズに合わせる必要があります。