マンション

トーシンパートナーズでこの先も安泰|便利なノウハウ

空き家を収入源にする

一軒家

所有する空き家の悩み

自己所有の物件でありながらも、数年単位で使用の目的のない、事実上の空き家状態の物件ができていて困っていることがあります。今後使用の目的が新たに生まれるかもしれないので、直ちに売却するのは控えておこうとする判断も当然あることでしょう。しかし誰も住まない物件の維持管理はとても難しいもので、急激に劣化が進行してしまいかねません。そこで、リロケーションによって、家族の誰も住まない期間を他の誰かに貸すことで、不動産収入を得るようにしましょう。リロケーションなら、一定期間の賃貸契約を交わすことができますので、将来的に物件を使用したいと思ったときに住人に退去を促すことができます。空き家の時期を効率よく利用して不動産収入を得ることができます。

住まいの維持もできる

空き家の管理はとても大きな課題となっています。手付かずの状態なら、住まいの劣化が著しく、資産価値を減少させる要因になりますし、近隣との大きなトラブルにもなります。リロケーションなら、家族が不在の期間に他の住人が暮らすことになるので、住まいを空室にすることがなく劣化を防ぐことができます。住まいを離れている期間に限って貸すのがリロケーションの仕組みですから、なるべく早くに入居者が決まるようにした方が安心ですし、現実的に不動産収入も入ってきます。しかしリロケーションの契約をきちんとしておかなければ、いざ住まいを利用したいとおもったときに入居者がまだいて、そのタイミングでは利用ができないということも十分に起こります。